購入前に迷ったら見ておきたいルルシアの「ルフレ」「シャルム」の違い

女性の抜け毛や薄毛の要因を解析して、2種類の育毛剤があることで注目を集めている女性用育毛剤「ルルシア」

 

公式ウェブサイトで2択のシンプルな質問に回答するだけで、自分の髪の状態に合っている育毛剤をおすすめされますが、何がどう違うのかなどについて細かい説明はあまりされていませんよね。

 

ですので今回は、ルルシアがほしいけれど、ルフレとシャルムどっちを選択したらいいのか考えている方にそれぞれの違いについて説明していきたいと思います。

 

女性の髪の悩みは人によって違ってきます。

 

抜け毛や薄毛と言った育毛の対策をしたい、ツヤや潤いのある髪にしたい、頭皮を美しくしたいなど自分のなりたい理想に合った方を選択できるように参考にしてみてください。

 

ルルシア・ルフレ育毛剤について

ピンク色のかわいいイラストで、使用する度に華やかな感じにさせてくれそうなルルシアの「ルフレ」。

 

これは、女性のゆらぎに意識を向け開発された女性用育毛剤で、エイジレスな髪になりたい人に適しています。

 

ルフレの特長は、「女性ホルモンバランスの乱れ」「年齢に伴う女性ホルモンの減少」によって発生してしまう薄毛に効き目があります。

 

女性ホルモンの乱れやゆらぎなどで、身体全体の血行障害や乾燥、肌トラブルが出てしまい、髪の毛が徐々に抜けていってしまう場合があります。

 

そう言った方に、「ルフレ」は女性ホルモンとかなり似た作用がある植物性エストロゲンといった物質を多く含有し、ホルモンのゆらぎを抑制することで毛髪の量を増やしていけることを対象にしてます。

 

特に、ホルモンバランスで薄くなった人に効果があるので、産後の後の急激な抜け毛に病んでいる若いお母さんに適しています

 

使用をおすすめする判断基準としましては、毛髪の一本一本にコシやハリが弱まり、毛の分け目から地肌が見えてきたなどと思ってきた人に選択してほしい育毛剤です。

 

ルルシアルフレについて

 

「ルフレ」は女性ホルモンの乱れを正常化するため、以下のような成分を配合しているのが特徴です。

 

・ダイズエキス

 


ダイズエキスは、イソフラボンを沢山含んでいます。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似ている作用があるので、加齢対策商品に頻繁に見かける成分です。

 

硬くなってしまった頭皮をしなやかにさせたり、細胞に活力を与える効果もありますので、毛を作るのに大事な毛母細胞が活発に成長する環境を形成してくれます。

 

イザヨイバラ

 


イザヨイバラもこのところ女性ホルモンほぼ同じの働きがあるということが見出され、育毛剤に利用される割合が高くなってきています。

 

血流の流れを良くし、抗炎症効果、保湿の役割を持ち、頭皮環境を改善してくれます。

 

またヒオウギ抽出液は薄毛が引き起こされる酵素「5αリダクターゼ」の働きを抑制する効果があります。

 

どちらも女性ホルモンに働きかけ、生活リズムや身体の状態を調整してくれる成分です。
これら全てに添加物を使用していないものも特徴的なポイントです。

 

これら以外には、3種類の育毛成分「グリチルリチン酸ジカリウム」「塩酸ジフェンヒドラミン「センブリエキス」も入っており、女性に起こる抜け毛や薄毛を緩和させてくれます。

 

ルルシア・ルフレサプリメントについて

 

ルフレサプリメントも、育毛剤と同じく女性ホルモンに働きかける成分が含まれています。

 

ザクロ果実、レッドクローバーが大豆イソフラボンがエストロゲンの役割を果たします。

 

それとパフィアはブラジル人参とも言われており、髪の成長因子VEGFを増やしてくれます。マカは精力剤として知名度が高いですが、ホルモンバランスを調整して代謝活動を元気にしてくれます。

 

赤ブドウ葉は血流活性化と細胞の成長促進の作用があります。

 

その他にはセラミド、プロテオグリカン、ビタミンEやヒアルロン酸といった、女性の美に必要な成分が数多く含まれています。

 

ルルシアシャルムについて

 

女性育毛剤ルルシアのもう一つの種類が「シャルム」です。

 

ルルシア・シャルムのは特に20〜30代と言った若い世代に人気が高い育毛剤です。

 

「エイジングケア」に焦点を当てている「ルフレ」とは異なり、この「シャルム」は頭皮や髪に栄養素を多く送り届けることに焦点を当てた育毛剤です。

 

また日々の仕事や家事のストレスが原因で抜け毛が多くなったりパーマやカラーのし過ぎで髪の状態が悪くなってしまった方にもおすすめです。

 

髪が薄くなってしまう要因として、女性ホルモンのゆらぎ意外にも、日常生活の崩れ、過度のストレス、やりすぎのダイエットと言った理由が思い当たります。

 

全体的に薄くなるのは女性に多いびまん性脱毛症ですが、部分的に薄くなってしまうことを「男性型脱毛症」と言われています。

 

前からくるM字や頭頂部から薄くなってくる状態ですね。

 

「シャルム」は、そのような状態から頭部の血行の流れを活性化させたり毛根に発毛成分を与えることで、薄毛のサイクルから正常化させていきます。

 

薄毛まではいかないけれど最近薄くなってきたと感じてきた人、生活習慣が悪い、ストレスを抱えている人、カラーやパーマと言った髪にダメージを与え続けている人には最適なタイプです。

 

次に成分を見ていきます。

 

シャルムは髪の栄養に大事な11種類のアミノ酸、ケラチン、3種類のビタミンをナノ化し、毛穴の奥の方までしっかり染み渡らせるように生産する、高い技法を使っています。

 

また炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムや頭部の血の流れを良くするセンブリエキスとニンジンエキスが、バッチリ育毛をサポートします。

 

そして3種類のヒアルロン酸とセラミドが頭皮の潤いを保ち、乾燥による抜け毛を軽減します。

 

栄養素がしっかり浸透し頭皮の状態がよくなれば、自ずとヘアサイクルの状態が正常になって髪に元気を取り戻すことが可能になります。

 

ルルシア・シャルムサプリメントについて

 

栄養不足やストレスにさらされている頭皮や髪を正常にするための成分が、シャルムサプリメントには豊富に含まれています。

 

シャルムサプリメントに含まれているパントテン酸Caは皮脂分泌を正常化するので、毛穴に皮脂が詰まって抜け毛が増加してしまうのを増えるのを抑止します。

 

アサイーには髪を作る為に必要なタンパク質が多く入っており、髪の毛にタンパク質を運ぶ役割もします。アサイーの他にはミレットも同じ役割も持ちます。

 

カムカムエキスはレモンの約60倍のビタミンCが入っていて、ビタミンCは肌のコラーゲン生成を手助けするので、頭部の肌のハリと弾力に加え髪にツヤとコシをもたらしてくれます。

 

血流の手助けや保湿を果してくれるハトムギエキスも大切な役割です。

 

また日々の食事内容で不足することが多いアミノ酸やミネラル、プロテオグリカンやエラスチンと言ったや高い人気がある美容成分も配合され、若さをキープするサポートを体の中から手助けしてくれます。

 

 

ここまでルルシア育毛剤の「ルフレ」と「シャルム」の違いを解説してきましたが、結局のところ、自分に適したのはどっちなのか?迷ったときはどう選べばいいのでしょうか?

 

ただどちらを選んでも厚生労働省が定めた「育毛に効果のある有効成分」は「ルフレ」「シャルム」共にしっかり含まれていますので不安になることはありません。

 

ですが「どっちの方がより自分に合っているの。。?」という人にやってみて欲しいのが、公式ページにある「3ステップ簡単診断」です。

 

これは簡単な選択問題を何問かしていくだけであなたが「ルフレ」か「シャルム」どっちの方が合っているのか診断することができます。

 

より自身に合った方の育毛剤を選びたいのでしたらルルシアの簡単診断を使って、あなたに合った育毛剤で若々しい髪を手に入れてくださいね^^